思い出に残った旅の日記

menu

旅日記

今回は淡路島の明石海峡公園に行ってきました。
天気も良く、ちょうど、チューリップが満開でまさに花爛漫の最高の一日でした。
まずは公園内の様子。

明石海峡公園へのアクセスは?

明石海峡公園には明石大橋を渡ってすぐの淡路I.C.を降ります。
そして、国道28号を南へ5分。
今回は中国自動車道から山陽自動車道を通って、行きましたが、途中全く渋滞が無く、時間にして、約2時間ほどで到着。
ただ、帰りは宝塚が事故で渋滞してたので、第二神明から、阪神高速を使って帰りました。
大阪方面から阪神高速が使える方なら、こちらを使う方が若干高速代が安いのでおすすめですね。

明石海峡公園の入場料

入場料は大人が410円。
小人(小中学生)は80円。
これだけの規模でこの料金はとても驚きです。
国営公園ならではの、料金と言えますね。
明石大橋の出費は必要ですが、公園内でお金を使う事がないので、お子様を連れて遊びにくるにもとてもおすすめですよ。

明石海峡公園の割引は?

65歳以上の方にはシニア割引が適用されます。
料金は210円になります。
チケット購入後書類、入り口で証明する物が必要になるので、免許証などを持っていくと良いですね。

明石海峡公園のランチ

今回ランチは隣の夢舞台内にある中華料理店でいただきました。
明石海峡公園と夢舞台は隣接しているんですが、購入したチケットを持っていれば、何度でも出入りが可能です。
ですので、いったん公園から出て、夢舞台に移動です。
公園内にランチを食べる場所があるにはあるんですが、人が多くて落ち着きません。
落ち着いて食事したい方は隣の夢舞台に行くのがおすすめです。
和食のお店、ハンバーグのお店、そして、中華料理店があります。

メニューはこんな感じです。
お値段もリーズナブルですし、とても落ち着いて食事できました。

酢豚セット、1200円です。

明石海峡公園の駐車場は?

明石海峡公園には淡路口、東浦口、海岸口の3つの入り口がありますが、それぞれに駐車場が用意されています。
駐車料金は1日500円で後払いでした。

ちなみに今回私達が利用したのは淡路口ゲート。
国道を28号線を南下して、最初の案内を右折すると淡路ゲート前の駐車場に到着します。

こちらからなら、お子様を遊ばせる「夢っこランド」にとても近いので、お子様連れの場合はこちらを利用すると便利ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング